薄毛治療で治してふさふさな髪の毛をゲットしよう

更年期の薄毛

サプリ

びまん性脱毛症になったら

女性は年齢を重ねると女性ホルモンのひとつエストロゲンが減少します。エストロゲンの減少でホルモンバランスが乱れると、抜け毛が増えて薄毛になることがあります。ホルモンバランスの乱れでなる女性の薄毛のことを「びまん性脱毛症」と言います。びまん性脱毛症は更年期障害のひとつの症状でもあります。徐々に髪のボリュームが少なくなり、一本一本にコシがなくなるのでヘアスタイルが決まらなくなります。びまん性脱毛症を改善するには、エストロゲンを増やす治療をするのが有効です。具体的にはエストロゲンを増やすサプリを飲む、ホルモン補充療法を受ける、プラセンタ注射を受けるなどの方法があります。そうすれば薄毛と更年期障害が同時に改善できます。

医療機関で治せる

今は女性向けの薄毛治療をしている医療機関が増えています。昔は不可能だった薄毛治療も、今は病院で適切な治療をすれば治せるようになっています。美容皮膚科クリニックでも、女性の薄毛治療をしている所があります。びまん性脱毛症を改善するパントガールなどの内服薬やビタミン系のサプリメントも、薄毛治療をしているクリニックを受診すれば出してもらえます。また、プラセンタ注射は美容注射として有名ですが、発毛効果もあるので薄毛治療のひとつとしても有効です。プラセンタ注射は病院で更年期障害と診断されれば、健康保険適用で受けられます。更年期の薄毛は更年期障害のひとつなので、保険適用で薄毛治療ができるのでお得になります。

Copyright © 2016 薄毛治療で治してふさふさな髪の毛をゲットしよう All Rights Reserved.